外構工事を専門業者に依頼する際のポイント

許可や資格の上でのポイント

工事代金が安く済んだり、自分好みの様々なデザインを選ぶことができる外構工事の専門業者ですが、業者を選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。まず、建設業許可の有無です。建設業許可がなくても外構工事はできますが、一定規模以上の工事になると、建設業許可がなければ工事を受注できません。そして建設業許可には、専門の資格者が社内にいることや、経営に関する資料を提出することが条件となっているので、業者の信用力を判断することができます。また、庭に関する大がかりな工事になることも多いので、造園施工管理技士や造園技能士だけでなく、土木工事のエキスパートである土木施工管理技士などが在籍していることも、判断材料の一つとなります。

保険や対応に関するポイント

外構工事では重機を使用したり、近隣との境界線上での作業となるので、多くの事故やトラブルが発生します。そのため、工事保険に加入していることや、近隣とのトラブル対応の誠実さなどをしっかりと確認しておく必要があります。さらに、業者の対応も大きなポイントです。丁寧な対応は当然ですが、こちらの要望を正しく理解して、より良い暮らしを提案できていることが大切です。もちろん、デザイン性も重要です。業者によってデザインや雰囲気は異なるので、自分のイメージに合う工事をしてくれるのかを見極めなければなりません。他にも、保証制度の有無や保証期間、保証内容の範囲など、アフターサービスが充実していることも大きなポイントといえます。

希望エリアですぐに家が欲しいなら建売住宅という選択肢があります。土地やハウスメーカーを探す手間も省けるので魅力です。

© Copyright The House Making. All Rights Reserved.