注文住宅を建てるための土地

自分で注文住宅の土地を探すメリット

注文住宅の人気の理由として、建売住宅と比較して、希望に沿った間取りやデザインなど、より理想的な我が家が実現できるメリットが見過ごせません。ですが多くの施主となる方々が、建物にばかり意識を向けてしま…

Read More

自分で注文住宅の土地を探すデメリット

注文住宅を建てる土地選びを、発注業者に一任せず自分で探すことで、より納得のゆく土地の選択が期待できるだけでなく、より深い関連知識を得られるメリットは、確かに大きな魅力です。ですが限られた毎日のなか…

Read More

理想のマイホームを実現させるなら注文住宅

注文住宅は似た間取りや面積でも一般的な建売住宅と比べると建築費用が割高になる他、建築に要する日数も長くなります。これは建材の多くが特注品になり、間取りや外観も建て主の要望に沿ったものになるためです。

注文住宅の外構工事

夢のマイホームを注文住宅で建てる場合には、家だけではなく外構工事も専門の業者に依頼することになりますよね。外構工事の業者は実績も違えば腕も違います。ここでは、業者選びのポイントを中心として紹介していきます。

注文住宅の土地探しのポイント

エリアの環境を把握する

注文住宅を建てる為に土地を購入するという場合、周囲の環境をチェックするようにしましょう。電車やバスで通勤・通学する家族がいる場合、バス停や駅からどのくらい離れているかを確認します。距離だけでなく安全性を考えて、バス停や駅から家までの道のりに街灯があるか・夜の人通りはどのくらいかも知っておくと安心です。 他には生活する上で欠かせないスーパーやコンビニ、銀行や病院までの距離も把握しておく必要があります。学校に通うお子さんがいる場合は、校区のチェックも欠かせません。購入した土地の近くにある学校が、通うことになる学校になるとは限らないからです。その土地がどの校区に含まれているかは、不動産屋仲介業者などに問い合わせすると分かります。

地盤の状況など安全面もチェック

地震や洪水など自然災害が多い日本、土地を購入する上で安全性をチェックするのは欠かせないポイントです。最近の注文住宅は地震に強いことを売りにしていますが、いくら家が強くてもその下にある地盤が弱ければ家に影響が出るかもしれません。また、地震による液状化も問題視されています。場合によっては地盤の改良も必要となるので、どのような地盤なのかは把握しておく必要があります。 購入する土地のすぐ近くに川がある場合、豪雨時に浸水する危険性があるのは分かりますが、少し離れていても土地の状況によっては浸水被害に陥ることがあります。ハザードマップをチェックして買おうと思っているエリアの、浸水被害も合わせて把握しておくと良いでしょう。

© Copyright The House Making. All Rights Reserved.